介護業界で働くために必要な資格は?!無資格でも働ける?!

介護の仕事をするうえで撮っておきたい資格

高齢化が進行している日本社会において、介護業界への就職・転職希望者は年々増加傾向にあります。将来的に今よりも高齢化が進むことを見越して、今の内から介護業界でキャリアを積み重ねている人もたくさんいます。それでは、介護業界で働くためにはどのような資格を取得しておくべきなのでしょうか。まず、介護の現場で最も必要とされているサービスの一つに身体介護サービスがあります。身体介護サービスとは、高齢者の体に直接触れて行う介護サービスのことで、具体的には入浴・排泄サービス、食事サポート、ベッドや車いすへの移動や移乗などがあります。多くの介護の現場で日常的に行われている身体介護サービスですが、このサービスを提供するためには専門的な知識や技術が必要となり、介護資格取得者しか従事できない仕事となっています。身体介護サービスを行うために必要な介護資格が、介護職員初任者研修資格や実務者研修資格などで、指定の講座を受講したり研修を受けることによって取得することができます。

介護資格を持っていなければ介護の仕事はできない?!

それでは介護資格を持っていない人は介護の現場で働くことはできないのでしょうか。例えば、どうしても高齢者を直接支える身体介護サービスをやりたいという人であれば介護資格を取得しておかなければなりませんが、間接的にでも高齢者を支える仕事をしたいという人であれば介護資格を持っていなくても介護の現場で働くことができます。例えば、介護施設の調理スタッフや高齢者を送迎するためのドライバー業務など、介護資格以外の資格を持っていることでできる介護の現場の仕事もあります。

介護の求人の特徴。基本給が非常に低く、手当の数が多い。ボーナスは基本給に対する割合です。それらを踏まえた上で、応募されると良いでしょう。